お金の話

【お金の話】貧乏人のお金の使い方VSお金持ちのお金の使い方【比較】

 

お金持ちと貧乏人のそれぞれのお金の使い方の比較

お金持ちと貧乏人のそれぞれのお金の使い方について、一般的な傾向について比較していきたいと思います。

お金の使い方を比較

お金持ちが使ったほぼすべてのお金は自己改善のために使います。

一方で、貧乏人は個人的な満足のためにほとんどのお金を使ってしまいます。

自分の気分を良くするために使ったり、自分を裕福に見せようとするためにお金を使っており、必需品になるようなモノにはあまり使っていません。

 

例えば、高級住宅街ではなくごく一般的な住宅街に行くと、多くの方が高価バッグや靴を着飾っている状況を見かけることが有ります。

でも、実際の懐具合は、経済的に苦労されている方が多いかも知れません。

その一方で、資産が有り、所得の多い人たちを見ていると、カジュアルな服を着ていて、まったく裕福に見せようとしていない傾向が有るようです。

全員ではありませんが、一般的的な傾向として捉えて貰えると助かります。

そもそも本当にお金を持っていて、お金の心配や問題を抱えていないので、裕福に見せようする必要性を感じないでしょう。

 

貧乏人の消費欲を掻き立てる、テレビやメディアによる影響

貧しい人々は、テレビやメディアを通して、お金をもっと使うべきだということを信じています。

必要でないモノ、ただ見せかけだけお金持ちに見せるための、自分の欲求を満たすためだけのお金の使い方を進めているのです。

このような悪い支出する習慣は、貧しい人々のお金を奪い、ますます貧しくなっていきます。

 

一方、富裕層のお金の使い方

一方で、富裕層は、

将来のための投資、資産運用、老後のための保険、財産になる装飾品、子供のための高等教育、家族が病気をしないための健康的な食べ物、ストレスのない生活を送る為の住宅など、

ただ単に見せかけのためでなく、将来の人生を計画し、予想し、将来に繋がるお金の使い方をしていることが分かります。

また、全ての財産は、子供たちに引き継ぐことも考慮にいれていますので、

親から子へと代々お金持ちの家計は継続する傾向が有ります。

 

この情報の出典について

この情報のソースは、ショーン・ラスムッセンによる「金持ちの支出 vs 貧乏人の支出」と呼ばれるものです。

「spending rich vs spending poor by Sean Rasmussen」

 

最後に

私は、これまで取引先の方々や友人がどのように生活しているか、その状況を観察して来ました。

金持ちと貧しい人々の生活スタイルと支出の習慣の両方を見て来たので、この情報が言っていることは理解出来ます。

誰もが裕福な人の考え方を学び取り入れたいと考えています。

このお金持ちのお金の使い方は、自分の収入の範囲内で質素に生活し、自分のお金は、自分のために使うことで、将来の人生をより豊かにするものです。

 

【お金の話】貧乏人のお金の使い方VSお金持ちのお金の使い方【比較】

-お金の話
-,

Copyright© 副業で稼ぐおっさんのお金の話ブログYUCHIN , 2021 All Rights Reserved.